リノベーションによってモデルハウスのような家を作る

>

理想の住宅を手に入れるための方法

一般的な建売住宅の特徴

新しく造成された土地で売り出しているような建売住宅を目にすることがあると思いますが、それらの家は揃って同じような外観であることが多いですよね。
そればかりか建築費や内装費などの経費を抑えながら、万人受けするような住宅を建てることを目的としているため嗜好性の高いデザインを期待することはできないでしょう。
これは同じものを大量発注することで材料費を抑えることができるという売主側の事情が大きく関係しているようです。

建売住宅は既に建てられている住宅をそのまま買うことになるので注文住宅に比べて費用を抑えることもでき、契約を交わせばすぐに入居できるというメリットもありますが、自分の希望する生活スタイルを演出したいという場合には不向きな選択であると言えそうです。

中古物件のメリット

注文住宅を建てるというのであれば、施工主の希望を叶えるデザインにすることも可能だと思います。
しかし新築の住宅を建てるための土地には限りがあるため現在の都市部では空いている土地を探すことが難しくなっているようです。

新築住宅を建てることができたとしても、初めの15年間を目安に資産価値は下がり続けてしまう傾向にあるといいます。
一方で、中古物件を購入してからリノベーションするというのであれば物件の選択の幅もかなり広がってくるでしょうし、すでに建てられてからの時間が経過しているので資産価値が安定してくる時期に入っていることが考えられます。
それなら大きく値崩れすることもなく価値を維持することができるでしょう。

リノベーションするということには、もともとの状態よりも機能性を高めるという意味がありますから中古の住宅であったことなど気にならないかもしれませんね。


この記事をシェアする